卒団インタビューNo.1 花安康平



Q1.学部学科、担当楽器を教えて下さい。


A.文学部中国学科(現中国文学科)、楽器はチューバとファゴットを担当していました。



Q2.音楽はいつ頃から始めましたか?


A.小学4年生の頃吹奏楽部に入り、テナーサックスを始めました。



Q3.在団中の4年間を通して一番の思い出は何ですか?


A.やっぱり4年生最後の定期演奏会です。その中でもソロと指揮をやったことは、とても大切な思い出になりました。



Q4.共に卒団する同期達、また先輩の背中を見送る後輩達に向けて一言をお願いします。


A.4年間、みんなと音楽ができてよかった!いっぱいわがままを聞いてくれてありがとう!きついことも言ったけど、ついてきてくれてありがとう!



Q5.今後入部を考える将来の団員達に向けて、大東文化大学吹奏楽団の魅力を教えて下さい。


A.やりたいことをやりたい!と言えばできる部活です!部活なので大変なことも多いけど、その分たくさんの楽しいこともあって、友達も学内問わずできる楽団です!友達が100人作れるよ!




花安康平先輩、インタビューにお答えいただきありがとうございました。これからも先輩の益々のご活躍を心からお祈りしております。




0回の閲覧

-お問合せ-

当団への演奏のご依頼、出演、入学生からのご質問ご相談は下記お問合せよりご連絡をお願いいたします。

​後日、当団の担当よりご返答させていただきます。

大東文化大学学生自治会文化団体連合会吹奏楽団

〒355-8501 埼玉県東松山市岩殿560

wildcats.daito@gmail.com

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸
hd_img_logo.png